住宅ローン審査を申し込んだ際に、
銀行側が事前審査で調査する点は何点かあります。例にあげますと、
年齢や職業、勤務年数に年収などが審査の時、判断材料として調査されます。
以上のような要素が重要になってきます。その他に銀行側が特に厳しく調査するポイントがあります。それがクレジットカードや金融機関での借入の状況です。住宅ローン審査を申し込む際に、他社のクレジットカードや金融機関での借入状況は、審査する際に、大きな要因になります。
ですのでクレジットカードや金融機関で契約中のまま
審査に申し込むと言う事は、かなり不利な状況になりますので注意が必要になります。
他社からの借入をしている場合は、完済しておく事が重要で、
さらに重要なのが、解約しておくと言う事です。完済しているから問題無いと思う方も居ると思いますが、
解約しない限りは、契約中という情報が残ってしまいますので、
それだけでも住宅ローン審査を申し込む際には不利に働いてしまうのです。審査に申し込む際には、他社との契約を解約しおく事で、
審査を有利に進める事が出来ますので、事前に解約しておくことをお薦めします。アイシーローンもオススメですよ。

住宅ローンの審査を受ける際に、特に気を付けたいのが、

他社からの借入ではないかと思います。住宅ローンの審査の時に、銀行側はこの点をより厳しく調査します。

一言に借入と言いましても、

クレジットカードでのキャッシング、ローン、消費者金融からの借入などと分かれています。この中でも特に、住宅ローンの審査時に影響するのが消費者金融からの借入です。

何故消費者金融からの借入がマイナスポイントと判断されるかと言いますと、住宅ローンの審査時に重要視されるのが長期間にわたる返済能力があるかという点が重要になってきます。

ですので消費者金融を利用していると言う事は、ローン申し込み者本人やもしくは家計の状況が思わしくないのではないかと銀行側は判断します。そのような理由により、返済能力が低いと判断され、住宅ローン審査時に落とされてしまう事が多くあるようです。ではどうすれば良いのかと言いますと、完済そして解約しておく必要があります。

完済しても、いつでも利用できる状態では駄目です。

解約しおく事が重要になりますので申し込む際には、解約しておくことをお薦めします。

住宅審査が通らないと言うことを経験したことのある人もいるかと思います。その際に、銀行側は、何故通らなかったかと言う理由を教えたくれることはありません。ですので何故住宅ローン審査が通らないかを自分なりに把握しておく必要があります。まず考えられるのが、

年収と年齢の問題です。

銀行側の基準としては、70歳~80歳での完済を基準として、

現在の年齢から基準の年齢までに完済出来るか計算します。その際に、契約者の年収にたいして年間返済額が20%~25%以内であれば、

融資可能と銀行側は判断しますので、年収と年齢そして融資希望額の関係を把握する必要があります。次にあげられるのが、他社からの借入です。

住宅ローンは、一般の会社員に大金を貸し付けるので、

その他のローン状況や、返済実績を調査して、大金を貸すのに問題は無いか判断します。

過去に延滞履歴などがある場合は、住宅ローンを組む際に不利になりますので注意が必要です。

その他にも住宅ローン審査が通らない理由はありますが、

大きな要因としては、このような要因がありますので、

審査を申し込む際には、不利な状況をなくしてから申し込むことをお薦めします。

住宅ローンの事前審査は通ったが、本審査で落ちると言う事を経験しない為にも、

気をつけなければいけない点があります。基本、住宅ローンの審査は、事前審査で落ちると言う事が無ければ、本審査でも落ちると言う事は多くはありません。

では何故事前審査は通ったのに、本審査では落ちるのか。

その原因として考えられるのが、勤務先が変わってしまった。

仮審査後に、他でローンを組んでしまった。以上のような事が原因に考えられます。

何故このような事が、本審査で落ちる原因になるかと言いますと、

至って単純な理由で、仮審査と本審査で内容に相違があるからと言う事です。仮審査でOKされた内容と、本審査で調査する内容が違うのですから当然と言えば当然の事です。

ですので仮審査が通ったからと言って新たにローンを組んだり、

先の事を考えての行動でしょうが、給料の良い職場に転職する場合は、本審査の結果が出るまで控えておくことをお薦めします。他にも原因としては、仮審査時に条件突きでの融資可能と言われていたのに対処していなかった。なども原因にあげられますので、

状況に応じた対処をする必要があるのではないでしょうか。

住宅ローン審査を受けるときに、気をつけておきたいのが借金の問題です。住宅ローン審査を受ける際に、銀行のカードローンやクレジットカードのキャッシング履歴、

消費者金融での借入など、どこで幾ら借金しているのか、

銀行側は個人信用情報機関で個人の信用情報を調べます。この際に、過去の延滞情報や、滞納情報などを調査されます。

もし過去の延滞や滞納の情報が見つかった場合、住宅ローン審査を通ることは難しくなりますので、

今はまだ住宅ローン審査を検討していない人でも

その時期が来たときに、困らないよう期日までの返済を心がけておく事が重要です。それと重要なのが借金はしていたが完済している人です。

完済しているからと、解約しないままでいると個人信用情報機関では、契約中という情報が残ったままになります。

ですので住宅ローン審査をスムーズに行いたいと思うのであれば、

事前に解約しておく必要があります。

住宅ローン審査を受ける際は、借金の問題は大きな要因になるという事を理解しておいた方がいいでしょう。

住宅ローンの審査を申し込んだは良いが落ちてしまった。

と言う人も居るのではないかと思います。その原因として考えられることは何点かありますが、

この記事では、転職が原因で審査に落ちるケースを記載させていただきます。まずなぜ転職後すぐに申し込んでも落ちてしまうのか。

それは銀行側がすぐに転職する人は安定しないと考えるからです。今の時代より良い環境、給料で働くための転職は当たり前だとは思いますが、

銀行はそう判断してはくれません。

最低でも3年程度の勤務年すが必要になります。転職の際に気をつけるのが自営業への転職です。

脱サラして自営業を始めたと言う事を良く聞きますが

自営業の方への風当たりが強いと言うのはどこの住宅ローンも同じでので、

住宅ローンの審査を受ける場合には、転職する職種にも注意が必要です。では転職したら住宅ローンを諦めなければいけないのか、と思う人も居るとは思いますが、

そうではありません。

数は多くは無いでしょうが、転職後でも相談に乗ってくれる銀行などもありますので、

諦めずに各銀行を当たってみるのも良いのではないかと思います。

住宅ローン 本審査

住宅ローンの事前審査が通って一安心なんて思う人も居るのではないでしょうか。しかし事前審査が通ったからと言って、

必ずしも本審査が通ると言うわけではありません。住宅ローンの本審査では、事前審査よりもさらに厳格に調査します。

例えば家を担保に取る場合などは、その家が建築基準法に適合しているか。

他にも住宅ローンの対象の家や土地を住居用に使用するのか、

言い方を変えますと投機目的ではないかなどを調べます。それと気をつけなければいけないのが新たにローンを組むことです。事前審査が通ったからと安心して、本審査前に新たなローンを組んでしまいますと、

事前審査と本審査の内容で違いが出てしまいます。

そうすると折角事前審査は通っのに、本審査でははじかれてしまいますので、

本審査前に新たなローンを組むことは絶対に避けるようにしてください。本審査では、新たに調査し追加検討する場合もありますが、

事前審査と本審査の内容に相違がなければ問題無く審査は通ると思われます。

過去に支払いが延滞、滞納してブラックリストに載ってしまったが住宅ローンを組みたいと思っている人も居るのではないかと思いますが基本的にブラックリストに載ってしまうと、住宅ローンの審査が通ることはほぼないでしょう。

何故かと言いますと、今どこの住宅ローンも驚くほどの低金利で貸し付けを行っています。

低金利での貸し付けと言う事は、銀行側の利息での収益があまり見込めないと言う事になりますので

当然貸し付ける相手を慎重に選ばなければなりません。

銀行にとっての優良顧客と言うのは期日までに延滞、滞納する事なく返済をしてくれる人なので、

審査をした際に、ブラックリストに載っているようだと、当然銀行側は信用の出来ない顧客と判断する訳です。ブラックリストに載っている人は、そのような理由があるために住宅ローンを組む際に、

審査の時点で落とされてしまいます。それでも住宅ローンを組みたいと思うのであれば、

金融機関に何度も相談したり、または弁護士の先生に相談してみてはいかがでしょうか。

住宅ローンを組む際に、融資可能かどうかを判断するために行うのが審査です。住宅ローンの審査には、まず事前審査があります。

事前審査が通ると次にあるのが本審査です。

一口に審査と言っても、段階ごとに分かれているので注意が必要です。住宅ローンの審査を申し込む際に、まずは事前審査を通らなければいけません。

いきなり本審査と言う事はありませんので、

まずは事前審査を通るために必要な事を考える必要があります。事前審査を通るためには、注意しなければいけない点が何点かあります。

まずは年齢です。住宅ローンを組む際に、銀行は70~80歳での完済を基準に審査をします。そこに申込み者の年収が計算に加わり、完済までのシュミレーションが行われます。

結果、年間の返済額が年収の20%~25%以内、または借入希望額が5倍まででしたら、

審査が通る可能性が高くなります。

その他にも、勤続年数や職業も大きくかかわってきます。次に他社からの借入状況です。

他社から融資を受けている場合、銀行側の印象が悪くなる恐れがありますので、

審査に申し込む前に、完済、解約しておくことをお薦めします。事前審査を受ける場合、このような事に気をつけて、出来るだけ落ちるリスクを軽減しておくことが必要です。

住宅ローンの事前審査でどこの銀行もより厳しく見るのは、

他社からの借入なんではないかと思います。何故厳しいのかと言うと、クレジットカードやローンを組んでいる人の

クレジットカードやローンの履歴を見て判断するからです。特に厳しく見るのが過去に延滞していないかという情報です。

毎月の返済を期日以内に返済している場合などは、まだ大きな不利にはなりませんが、

過去クレジットカードやローンを利用した際に、

3か月以上の延滞や督促がきたことのある人にとっては、

住宅ローンを組む際に大きな不利になってしまうようです。住宅ローンというのは一般サラリーマンなどに何千万と言う大金を融資するわけですので、

銀行側も慎重過ぎるほど慎重になるわけです。その他にも、年齢や、職種、勤務年数に年収などの

多くの要素が住宅ローンの審査の時に調査されるのですが、

信用出来る子顧客かどうか判断する時に、クレジットカードやローンの情報を判断材料の一つとして、比重をおいて考える銀行が多いようです。

銀行で住宅ローンを組む際には審査が必要になります。銀行側の審査基準として、まずは年齢があります。

住宅ローンは70~80歳までの完済を基準に考えますので、

高年齢ですとそれだけで不利になります。次に職種と勤続年数です。

やはり自営業の人よりも、正社員として長く勤務している人の方が、

有利になるようで、例外もあるようですが多くの銀行はそう判断するようです。そして重要なのが他社からの借入です。

どこの銀行も審査時に厳しく見るようなので、

他社からの借り入れがあるときは解約しておくことをお薦めします。その他に購入予定物件の価格や健康状況などを調査し、

問題が無いようですと事前審査の完了です。事前審査が終わると次は本審査に移ります。

本審査ではさらに厳格に審査をします。

ここでは本人以外の要素も重要になります。住宅ローンの使い途である土地や建物を本当に住居として利用するのか、

建物を担保にする場合などは、建築基準法に適合しているかなどを統合的に調査します。これが終わりますと、ローン契約、ローン実行となります。

銀行ローンは大まかにこういった流れになっていますので、

把握しておくとスムーズに行えるんではないかと思います。

 

住宅ローン審査を申し込んだ時に、

銀行側が事前審査で調査する点は何点かあります。例にあげますと、

年齢、職業、勤務年数、年収などが審査の時に判断材料として調査されます。

当然これらの要素は重要ですが。銀行側が特に厳しく調査するのがクレジットカードの利用状況や金融機関での借入の状況です。住宅ローン審査を申し込む際に、他社のクレジットカードや金融機関での借入状況は大きな審査のポイントになります。

このようなクレジットカードや金融機関での借入を契約中のまま

審査に申し込むと言う事はかなり、不利な状況になります。

ですので他社からの借入をしている場合は、完済しておく必要があります。

さらに重要なのが、解約すると言う事です。完済しているから問題無いと思う方も居ると思いますが、

解約しない限りは、契約中という情報が残ってしまい、

それだけでも住宅ローン審査を申し込む際には不利に働いてしまうのです。ですので審査に申し込む際には、他社との契約を解約してからの方が

審査の時に有利になりますので、解約しておくことをお薦めします。

住宅ローンの審査期間で

なかなか連絡がこなくて、落ち着かない毎日を送る人も居るのではないでしょうか。そんな時に、審査期間を把握しているのとしていないのとでは、心の持ちようが違うのではないかと思います。審査というものは2つに分かれています。

それが事前審査と本審査です。

事前審査では、年齢、職業、勤務年数、年収、

クレジットカード等の他社からの借入状況などを調査します。

この際、銀行側からは4~5日間の間に連絡すると伝えられる事が多いようです。

しかしこの銀行側のいう4~5日間という期間は銀行営業日での4~5日間なので、

土、日、祝日などを挟んだ場合、1週間以上かかる場合もありますが

銀行営業日で日数を計算した場合、4~5日たったのに連絡が来ないなどと、

慌てることもないのではないかと思います。本審査でもやはり4~5日間で連絡をすると言われることが多いようですが

銀行営業日での日数だと理解しておけば、問題は無いかと思われます。仮審査と本審査で約2週間程度の期間がかかりますので、

審査を申し込む際は、余裕を持って申し込むことをお薦めします。

住宅ローンの審査を受けるときに、金利はいくらなのか気になるのではないでしょうか。今住宅ローンを組む人予定の人にとって

ここ何年かの金利はかなりの低金利ですから、今がチャンスだと思う人も居ると思います。

しかし、どこの銀行も低金利に比例して、審査が厳しくなっているようです。何故今どこも低金利なのかと言いますと、その要因としては、

日本銀行による事実上の0金利政策が要因であると考えられます。そのような要因のせいもあり、各銀行では、金利のディスカウント合戦が行われているような状況になっているので、

利息で利益を多く出せないなら、貸し倒れしないように顧客を選ぶと言うのが

銀行の考えであり、

その結果審査が今まで以上に厳しくなっていると言うのが今の銀行ローンの現状なのではないかと思います。しかし審査さえ通ってしまえば、低金利での住宅ローンを組めるのは確かなので

審査を申し込む際には、出来るだけ審査に不利な状況を排除してから申し込むのが良いかと思われます。

住宅ローンの審査が通らないと言う人の中には、何故通らなかったのか理由が分からないままの人も居るのではないでしょうか。まず何故審査が通らないかと考えたときに、

まず挙げられるのは年齢と年収の問題なんではないかと思われます。住宅ローンを組む際に、銀行は60歳までの完済を想定してシュミレーションします。

例えば40歳から住宅ローンを組む際に、60歳まで約20年ありますが

その20年で融資額と年収を比較計算して融資可能かの判断をします。

その際に、毎年の返済額が年収の20%~25%を超えるようだと銀行は、

融資が不可能だと判断しますので、審査が通らないと言う結果になります。その他にも審査が通らない理由として、、

クレジットカードや消費者金融といったところからの、他社からの借り入れも考えられます。

銀行側は、特に他社からの借入を気にしますので、審査を申し込む際には、

完済と解約しておくことで、審査に不利な要素をなくしておく必要があるのではないかと思います。

他にも理由がありますが、審査に通らない大きな理由の一つとしてこの2点があげられるのではないでしょうか。

住宅ローンの審査を受ける際に、

気をつけなければいけないことは多くあります。住宅ローンの審査申込みする本人の年齢や職業、

勤務年数や年収、と言ったところを銀行は調査します。このような点も非常に重要だと思いますが。

住宅ローンを組む際に、銀行側が特に気にするのが、

他社の借入状況なのではないかと思われます。消費者金融やクレジット会社の借入状況次第では、審査が通らなくなる可能性が高くなりますので、

審査申込みする時は、事前に完済しておく必要があります。

それと完済した際には、解約しておくことをお薦めします。

消費者金融などでは、完済しても解約しない限りは、契約中という情報が残りますので

その点に注意が必要です。そしてさらに問題なのが、過去の滞納記録です。

具体的に言いますと、過去に3か月以上の滞納がある人など、

または滞納することによって、督促を受けた事のある人は特に、

審査をする際に不利に働きますので、今は住宅ローンを組む予定が無い人でも、

金融機関で借入をしている人は、滞りなく返済することが重要だと思います。

銀行で住宅ローンを組む際に、審査が必要になりますが、

審査の結果が出るまで安心できないと言う人も多いのではないかと思います。いつ連絡がくるのだろうと不安に過ごすよりは、

審査にはどれくらいの日数がかかるのか把握しておく事で

そのもやもやが解消されるのではないでしょうか。住宅ローンの仮審査も本審査も大体4~5日で連絡来るようになっています。

中には私は日数で計算すると1週間かかったと言う人もいるかと思います。ここで注意しておきたいのが、銀行側が言う4~5日間と言う日数は、

銀行営業日での4~5日間ですので、土曜、日曜、その他の祝日が挟まれる場合は、

一週間以上かかってしまう場合もありますので、

そこを理解しておくと良いのではないでしょうか。その後本審査が通りましたら、

住宅ローン契約、ローン実行、決算、引き渡しと言う流れで

契約が進んでいきますが

この間、スムーズに行えたとしても約一週間程度かかってしまいます。住宅ローンを組む際には、この流れを理解して余裕を持って申込みした方が良いのではないでしょうか。

住宅ローンを組む予定の人にとって、

審査が甘いかどうかは気になる所ではないかと思います。しかしここ数年の低金利により

大手銀行の審査は甘いどころかどんどん厳しいものになっています。逆に審査が甘いからと言って、

安易な契約をすることは、自分の首を絞めることになる場合もあります。審査は甘かったが、金利が高い、

その他のサービスが充実していないなど、

審査を通ることを第一に考えていては、将来的に見て大きく損をする場合がありますので

住宅ローンを組む際には、

審査以外にも、各銀行の特色を把握し、

出来るだけ低金利で、その他のサービスで何が出来るかをしっかり確認することが大切ではないかと思います。審査が通らない理由としては、勤続年数が短かったり、

その他の銀行や消費者金融での借入がある場合などは審査に不利に影響しますので

申し込む際には、不利になる要素を出来るだけなくしていく必要があります。それでも審査に通らない場合もあると思います。

大手銀行では融資を断られたが、地方銀行では審査が通ったと言う話も多く聞きますので、

住宅ローンを組む予定の方は、妥協せずに出来るだけ好条件のローンを組める銀行を探すのが重要なんではないでしょうか。

住宅ローンの審査結果が出るまで安心していられないと言う方の参考になればと思い、
記載させていただきます。住宅ローンを組む際に気をつけなければいけない点が何点かあります。銀行が住宅ローンの審査をする時は、
まず勤務年数と、収入を調査します。
融資希望額と、収入を比較して、大丈夫だと判断されることが必要です。
融資限度額は、年収の5倍まで、もしくは年収の20%といういうのが多く見られますので、
それに見合った申込みが必要になります。次に重要なのが他社の借入状況です。
他社から借入していますと、住宅ローン審査時に不利な結果になりやすいです。
返済しているからと、安心してはいけません。
消費者金融などは解約しない限り、契約中と判断されますので申し込む際には、
事前に解約する必要があります。その他にも本人以外の要素も審査の対象になります。
例えば担保を取る場合は、その建物が建築基準法に適合しているか、
土地や建物が投機目的ではないかなどの項目も対象になります。このような点のマイナス要素を排除することによって、
安心して審査結果を待つことが出来るのではないかと思います。

 

おまとめ

住宅ローンの審査の時点で落ちた。と言う人も居るのではないかと思います。まず審査で落ちたと言う方は、

何故落ちたのかを考える必要があるんではないかと思います。ここ数年は、金利の低下に比例し、銀行の住宅ローンの審査も厳しくなってきていますので

住宅ローンを申し込む際には、マイナスの条件を排除していくのが必要になるのではないでしょうか。銀行側が審査の時に参考に見るのが、まずは勤続年数と年収です。

銀行は、低金利の今、利息での回収が多くは見込めません。

ですので年収と借入希望額を比較し、回収できると判断しない限り審査が通るのは

難しいと思います。

収入に見合った金額を申し込むのが良いでしょう。次に重要なのが他社での借入状況です。

これは特に厳しく、以前に3か月以上の滞納や督促を受けた事のある人は、

住宅ローンをくむのがかなりむずかしくなります。

他社での借入がある場合、事前に返済し、解約しておくことが重要です。記述以外にも条件がありますが、住宅ローンの審査を希望する時は、このような事に気をつけると良いのではないかと思われます。

クリック証券 FX